東海随一のもみじまつりで

地元商人の生き様に触れる週末

足助

三河から信州へ塩を運ぶ中継地として栄えたここ足助(あすけ)は、山あいに突如広がる町並みと、したたかで、祭り好きで、どことなく快楽的な人々の暮らしぶりが、かつての繁栄を忍ばせるまち。

そんな足助のもう一つの顔が、東海随一といわれる紅葉の名所

「香嵐渓(こうらんけい)」。

100年前に先人たちの手で植えられ、受け継がれてきた紅葉の山を見るために、毎年11月の1ヶ月間だけで40万人が訪れる場所になっている。

1/7

一年で最大のかきいれどきを迎えたまちで、観光客としてではなく、地元商人の仲間としてひたすら商いをしながら、地域を体感できる旅ができたらどうだろう。

無謀とも思えるこんな企画が、まちを支える商人たちの柔軟な思考をもってすれば、即興的に実現できてしまう。

これもまた足助の魅力と言えるかもしれない。

地元にこだわって住み続ける者、一度町を出てから戻ってきた者、足助を選んで移り住んできた者。

ある意味修羅場のような商人たちの日常と、祭りの高揚感を味わいながら、同じ景色を眺め、彼らの生き様と彼らを惹きつけているこのまちの何かを、ひとときでも感じてもらえる旅になれば。

ホストとなる足助の商人たちは

丸根敬一

江戸後期から続く旅籠

「玉田屋旅館」の主人。

商人仲間からは「けいさん」と慕われ、

いつもみんなを楽しませてくれる人。

どうやったら楽しくセンスよくできるのかを考え続け、新しいコトやモノへのアンテナは多方に渡り、知識と話題は

永遠に尽きない。

根っこにあるのは足助とお祭りへの愛。

バックミュージックは70年代。

鳥居智子

「ろじうらのカフェ バンバン堂」の女将。

13年前に足助に移り住み、すっかり地元に根付いている

「智ちゃん」。

周囲の人を満足させたい想いに溢れ、いつも老若男女に囲まれている。

誰もがやりたくない仕事を、率先して手を付ける働き者で、何よりも努力の人。

彼女の織りなすモノコトヒトを

感じてもらいたい。

中山昌平

「村定酒店」の主人。

IT企業をやめて実家の酒屋を継いだ「しょうへいさん」。

地元の酒に精通し、好みの酒を見つける手伝いはお手のもの。足助の物知りとして歴史や観光にも詳しく、次から次へと飛び出す話題が楽しい人。

一緒にいるだけでやる気が出てくる頼もしい存在で、足助で楽しいことがあるときには必ず彼がいる。

大堀恭輔

 

「三州足助屋敷」の炭焼職人。

都会の喧騒から離れ、足助での暮らしと子育てに人生の舵を切った元エンジニア「大堀くん」。

山里の暮らしを伝える施設「三州足助屋敷」で新たな人生をスタートさせた人。

研究と検査に明け暮れた経験を持ち、炭への情熱と、理論によって裏付けされた炭の話の熱量は相当なもの。

Curator

株式会社足助巴一座

足助の若手・中堅商業者の連合体。パスタカフェ「GIRO」の運営やマルシェをはじめ様々なイベントを開催。もみじまつりでは、毎年新たな店舗や商品を企画して、訪れる人々をもてなしている。

一般社団法人足助まちマネジメント

足助のまちの黒子として、遊休不動産の活用や事業支援などはじめ、まちが必要とする役割を担うために設立された組織。

ツアーの詳細とお申し込みは

株式会社タビゼンのサイトにてお願いします。